完結

当たり前だと思ってないか?-『水になれ』(著:雪野かぜ様)を読んでー

エッセイ・ノンフィクション

更新日:2020年10月25日

当たり前だと思ってないか?-『水になれ』(著:雪野かぜ様)を読んでー

第1章

『水になれ』。

まずは作品の紹介をさせて頂きます。

舞台は、「国家安全維持法」の成立により発言の自由がなくなった未来の日本。
高校生である香川 咲希(さき)が、民主化を目指す『デモクラスタ』のリーダー、桜庭 千雅(ちか)とともに自由を取り戻すために戦う物語です。大学三年生の千雅は、「民主の女神」と呼ばれています。



ーーー「国家安全維持法」「民主の女神」。


この作品を読むほとんどの人が、「香港」のことを思い浮かべるのではないかと思います。

私も例外ではありませんでした。


あぁ、香港の、あれね。
昔は日本もそんな風だったんだよなぁ。
戦時中?あさま山荘?良く知らないけど。
世界のどこかで起こっている、または、日本の歴史…

もくじ (1章)

修正履歴
  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年10月25日

作品情報

◆読んだ作品◆

『水になれ』/著:雪野 かぜ 様
https://monogatary.com/story/86694

お題 『きらきらにひかる』

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

6分

コメント

3

リアクション

11

関連作品

このページの内容について報告する