うちの猫は「にゃぁ」と鳴かない

エッセイ・ノンフィクション

更新日:2021年6月18日

うちの猫は「にゃぁ」と鳴かない

第1章 ①猫なんていない人生だった




 動物を飼うなんて、これまでの私の人生ではありえないことだった。

 母は潔癖症で動物を飼うなんて許してくれなかったし、考えてみると、私自身も幼いころから動物が苦手。
 動物園で檻のなかの動物を見るのは好きだったけれど、「ふれあい広場」で抱っこをするのはおろか、そこに足を踏み入れることすらできなかった。

 理由はわからない。
 ただ随分昔から、脳内には動物=噛むものという式があって、その恐怖はいつまでも私を動物から遠ざけ続けた。
 

 そんな動物と縁遠い状況は、ここ5年でガラリと変わることになる。
 祖父と父を立て続けに亡くし、無駄にだだっ広い実家(仄暗い穴の底から:https://monogatary.com/story…

もくじ (5章)

  • 第1章 ①猫なんていない人生だった 第1章 ①猫なんていない人生だった

    第1章 ①猫なんていない人生だった

    2020年11月8日

  • 第2章 ②猫との出会いは突然だった 第2章 ②猫との出会いは突然だった

    第2章 ②猫との出会いは突然だった

    2020年12月11日

  • 第3章 ③猫を保護しようと思う 第3章 ③猫を保護しようと思う

    第3章 ③猫を保護しようと思う

    2021年2月13日

  • 第4章 ④猫を捕まえる準備をする 第4章 ④猫を捕まえる準備をする

    第4章 ④猫を捕まえる準備をする

    2021年5月31日

  • 第5章 ⑤猫を捕まえた! 第5章 ⑤猫を捕まえた!

    第5章 ⑤猫を捕まえた!

    2021年6月18日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

5

読書時間

16分

コメント

41

リアクション

90
  • 挿絵
  • 挿絵
  • 挿絵
  • 挿絵
  • 挿絵

関連作品

このページの内容について報告する