獲物

青春・学園

更新日:2020年10月28日

獲物

第1章

「おーい、美紅ちゃーん!」
急に背後から私の名前を呼ぶ声が聞こえたので、振り向いた。
するとそこには可愛らしい一人の女の子がいた。
私はその子の方へと近づき、「芹沢さん」と声をかけた。
「偶然だね!私今ずっと一人で勉強してたんだ〜。美紅ちゃんも勉強しに来たの?」
「うん。ちょうど今塾の授業終わりで、ちょっとだけ復習してから帰ろうかなと思って」
私はそう言いながら机を挟んで芹沢さんの前に座った。
ここは塾の休憩スペースでご飯を食べたり、自習室ではないけど各自勉強をしてもいいスペースとなっている。
ちゃんとしている自習室とは違って喋ることもできるので、友達と教えあいながら勉強する子も多く、若干うるさい。
私はち…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年10月28日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

9分

コメント

2

リアクション

5
  • 挿絵

関連作品

このページの内容について報告する