完結

『わたしのステラ』(著:文月八千代様)を読んで

エッセイ・ノンフィクション

更新日:2020年10月30日

『わたしのステラ』(著:文月八千代様)を読んで

第1章 耳で恋する感想文

「ねぇねぇ文月八千代さんの『わたしのステラ』読んだ?」

「んー、まだ読んでないな」

「読んだ方がいいよ」

「ふぅん。どんな話?」

「お母さんと娘の話でさ、お父さんが不倫してて」

「お父さん最悪じゃん」

「しかももっと最悪なのが」

「なに?」

「その不倫に気が付いたのが、娘なんだよ」

「うわ、まじか。最悪の展開だ」

「それで、娘ちゃんはご飯も食べなくなっちゃって」

「あぁー。そうなっちゃうよね」

「お母さんも自分を責めちゃって」

「お母さん悪くないのに」

「うん。何にも悪くないよね。お母さんは」

「あー、でも、私でもきっと自分のせいでとか思っちゃうかもな、その状況」

「そうだよね。もし自分のこどもにそんな思いさせちゃった…

もくじ (1章)

修正履歴
  • 第1章 耳で恋する感想文 第1章 耳で恋する感想文

    第1章 耳で恋する感想文

    2020年10月30日

作品情報

読んだ作品


『わたしのステラ』

著 文月 八千代 様

お題 きらきらにひかる

https://monogatary.com/story/86730

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

4分

コメント

3

リアクション

12

関連作品

このページの内容について報告する