完結

読書感想文

エッセイ・ノンフィクション

更新日:2020年10月31日

読書感想文

第1章 はじめに

夜に手紙を書いてはいけない、
翌朝気恥ずかしくて破り捨てたくなるから。
夜に感想文を書いてもいけないと思う。

それなのに、ただ今深夜2時40分。
丑三つ時も飛び越えて、夜な夜な私はペンを走らせてます。
何かを書くとき、どうしても手書きで一回書き出さないと気が済まず、2倍かけてます。時間。

昔から、夏休みの宿題は要領よくやってました。
計算問題も自由研究も7月早々に終えて、友達に満足気に「答え写す?実験手伝う?」なんて言ったり。
今振り返るとなかなか鼻につくことをしてた気がします。

なのに読書感想文だけは違いまして…

 
本は好きで、図書館利用は月島雫並み。
読み始めると歯止めが効かず、
寝食を忘れてしまうので、殊に長…

もくじ (3章)

  • 第1章 はじめに 第1章 はじめに

    第1章 はじめに

    2020年10月31日

  • 第2章 本題 第2章 本題

    第2章 本題

    2020年10月31日

  • 第3章 あとがき 第3章 あとがき

    第3章 あとがき

    2020年10月31日

作品情報

「聞き役」楽市びゅうさん
https://monogatary.com/story/91098

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

6分

コメント

4

リアクション

27

関連作品

このページの内容について報告する