完結

あの夏の日へ

恋愛

更新日:2020年10月31日

あの夏の日へ

第1章










「それでは、ウミちゃん。お元気で」


 握った手が震えている。その手は私の手だろうか。いいや、これはこの人の手だ。

 昭和十年。八月。入道雲が夕陽に照らされる中、その人は強がるように顔を笑みを作って、私の手をただひたすらに握っていた。

 プラットホームの上から「行ってこい、ミノル」「気ぃつけて」と彼の友人たちが声をかけている。「ああ」と力強く頷くその人の手が震えていることに誰一人気づいていない。

 いや、本当はわかっているのかもしれない。けれど、誰も何も言えない。

 言ってはいけない空気がこの国全体を支配している。「行きたくないよな」とも「行かんくていい」なんてことも口が裂けても言えない。



 彼が海軍に志願…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年10月31日

作品情報

私にとって、終えられない恋がある。

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

15分

コメント

4

リアクション

17

関連作品

このページの内容について報告する