完結

Passenger seat

恋愛

更新日:2020年11月1日

Passenger seat

第1章

あたしは、恋をした。

放課後、ひとりで黙々とシュートの練習をするその姿に。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あたしはバスケ部のマネージャー。
彼はひとつ年上の先輩。

強豪だったバスケ部で、先輩は目立つ存在ではなかった。
あたしも、そんなに意識していなかった。仲の良い先輩のうちのひとり。

ある日の練習終わり。
帰ろうと思って通りかかった体育館からボールの弾む音が聞こえてきた。

" あれ…?まだ誰かいるのかな…"

そう思って、あたしは窓から中を覗き込んだ。
そこに見えたのは、先輩。ひとりでシュートの練習をしていた。
その真剣な表情に、あたしは目が離せなくなった。

次の日から、あたしの先輩を見る目は変わった。

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年11月1日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

6分

コメント

0

リアクション

6

関連作品

このページの内容について報告する