完結

スプリング遊具は思う

SF・ファンタジー

更新日:2020年11月13日

スプリング遊具は思う

第1章

 どこの町にもある、平凡な公園の物語。
 青々と生い茂った芝生に鎮座する白いウサギのスプリング遊具は、公園内で一二を争う人気の遊具だった。
 あまりに沢山の子供達が彼に乗って遊んだ為、その塗装は剥げ最早まだら模様の茶色いウサギとなりかけていたが、彼はむしろその見た目を誇りに思っていた。
 彼はただ、子供と一緒にユラユラしながら空を眺めるのが大好きだった。

 ところが、凍てつく冬の寒さが和らぎ始めた頃、これまでに無い異変が起きた。
 いつも子供で賑わっていた筈の公園から、子供が姿を消し始めたのだ。
 ウサギは当初、長雨や肌寒さのせいだろうと思っていた。
 しかしいくら日差しが柔らかくなろうとも、大勢の子供が公園へ遊びに来る…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年11月13日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

4分

コメント

0

リアクション

11

関連作品

このページの内容について報告する