完結

描け。未来を

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2020年11月14日

描け。未来を

第1章

 水の呼吸。どこかで聞いたことがあるような言葉だが、私は確かにそこに水の呼吸を感じた。
「この川の水は、どこに辿り着くんやろ」
 武庫川沿いの河川敷で私がふと呟くと、それに呼応するように父が開口する。

「どこやと思う?」
「わからへん。三田と宝塚と……うーんと、尼崎と。海まで行くんかな。そうやとすると、めっちゃ長い距離やな」
「それだけじゃないで。海まで行った後、蒸発して雲になり、それがまた雨を降らせる。雨は地球上の自然を育み樹木を育てるんや」
 いやいや、そのスケールのことは訊いてへんし……と心底思いながらも私は口に出さず、とりあえず話を合わせておく。

「じゃぁ、木の一部になるんやな」
「まだ続きがある。木は…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年11月14日

作品情報

兵庫県出身の筆者が地元への感謝を込めて

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

3分

コメント

10

リアクション

71

関連作品

このページの内容について報告する