完結

たとえ、その花が散っても

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2020年11月20日

たとえ、その花が散っても

第1章

十二月五日、空に花が咲く。
君は何処かから見ているだろうか。
この寒空の下、僕は真っ黒なキャンバスを見上げているよ。

冬の花火は、空が澄んでいて綺麗なんだろうな。
打ち上げ開始が楽しみだ。
でも、君が隣に居れば、もっと心が踊っていたかもしれないね。

生憎、僕の隣は空っぽだ。
冬の冷たい風が、するりと抜けていくよ。
君なら僕を温めてくれただろうに。



十二月五日、君が旅立った日。
秋と冬の境目に届いた、突然の訃報。
もう一年経つんだね。
君の命日に花火が上がるなんて、偶然なのかな。

木々から葉が落ちる頃、僕らは冬の訪れを楽しみにしていたね。
でも君は、枝から落ちる木の葉のように、するりと消えてなくなったんだ。

僕は君がい…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年11月20日

作品情報

咲いて、散り、そして新たな命が芽吹く。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

3分

コメント

2

リアクション

3

関連作品

このページの内容について報告する