完結

鬼滅だったり宇佐美りんだったり

その他

更新日:2020年11月26日

鬼滅だったり宇佐美りんだったり

第1章

学生であれ、社会人であれ、日々生きる中で時として生きにくさだったり、息苦しさだったり感じるものであろう。それは決して珍しいことでもなんでもない。最近、人気を博している「鬼滅の刃」においては、鬼殺隊にとって敵である鬼においても同情すべき過去を抱えているのである。
宇佐美りんの「推し、燃ゆ」はそんな現代の世相にふさわしい小説ではなかろうか。
極力、ネタバレは避けて語ることにする。
主人公のあかりは、高校生。とはいっても平凡に生活を送っているわけでは決してない。高校生活、家族関係、双方がぎくしゃくしているといった毎日である。そんな彼女の支えとなっているのが「推し」の上野真幸であった。

「趣味の一環としてと…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年11月26日

作品情報

宇佐美りんの「推し、燃ゆ」についての批評です

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

2分

コメント

0

リアクション

3

関連作品

このページの内容について報告する