完結

黄色いスーツの田中部長

第1章

 午前10時。
 まだエンジンがかからず、まったりした空気が漂っていたオフィスの空気が一変。
 みんなの視線が集まっているのは……出社してきたばかりの田中部長。

 仕事もできて、顔も良く、スタイル抜群でその上オシャレで愛妻家。
 ミスターパーフェクトと呼ばれる田中部長の姿を見た瞬間、みんながざわついている理由が分かった。
 ……真っ黄色のスーツ。
 いつものシックかつスタイリッシュとは真逆、今にも「ゲッツ!」と口走りそうな派手な出で立ち。

 ……でも、ある意味それはそれでオシャレじゃない?
 あんな真っ黄色のスーツを平気な顔で着こなせる人なんて中々いない……と、擁護しようとした私だったが、部長がこっちに近づくにつれ、その考え…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年11月29日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

2分

コメント

2

リアクション

8

関連作品

このページの内容について報告する