伊太利亜ものがたり

第1章 ウインクの国


「…うわっ!!まただっっ!!」

私は立ち止まり、後ずさる…
そして隣を歩いている親友にしがみついたー。

「…ちょっと!!のっこちゃん!!あたしこれでウインクされたの5回目だよ~」

のっこはぎゅっと、私の腕を掴んでくれてー
「あたしは4回目…あたしらそんなに目立つんかな…なるべく溶け込もうとしてるつもりだけど、旅行者ってバレバレ?!それにしてもどうなってんだかこの国はっ!!」と呆れた顔でため息をついた…。

ここはイタリアの南部ナポリのサブメイン通り。

トラットリアでランチをするため、お店が点在する街道の石畳を歩いていた。
するとテラス席でエスプレッソを片手にくつろいでいる、スーツ姿のモデル並みなイケメン男性に…

もくじ (1章)

  • 第1章 ウインクの国 第1章 ウインクの国

    第1章 ウインクの国

    2020年12月2日

作品情報

実体験から、思い出しながら書いてみました!
男性に免疫のないピュアな美大生がイタリアに2人旅行!
カルチャーショック続出の珍道中です!!

イタリアは今でも大好きな国の上位です。今年はコロナウイルスでは多くの方々が犠牲になってしまい、今も大変な状況が続いていて、とても胸が痛みます。亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

「もしあなたが死ぬ前に行きたい国と聞かれたらもっち即答イタリアです☆」

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

3分

コメント

0

リアクション

1

関連作品

このページの内容について報告する