完結

ほろ苦い口付け

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2020年12月4日

ほろ苦い口付け

第1章

毎朝、温かい飲み物を包んで彼と口付けをする。
起床して早々ため息をつく彼は、今日もスーツを纏って家を出てゆく。

私は知っている。
真夜中に“アレ”と口付けしているときの方が幸せそうなこと。
その時間には、私のことなんて、少しも想っていないこと。
けれど、小さく笑みを零しながらアルコールに包まれる彼は、言葉に出来ない魅力があるのだ。

疲れ果てて眠った彼を優しく起こすのは、窓から差し込む柔らかい光。
怠そうな瞳で私を持ち上げて、彼は私を苦いベールで包む。

私は知っている。
本当は彼があの苦い味わいを好いていること。
アルコールの魅惑には適わなくても、ほろ苦い口付けを毎日してくれること。

だから、このままでいい。
いつ…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年12月4日

作品情報

苦い香りに包まれた、ある朝の話。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

2分

コメント

2

リアクション

12

関連作品

このページの内容について報告する