完結

地球最後のマグカップ

SF・ファンタジー

更新日:2020年12月5日

地球最後のマグカップ

第1章 前編

「人類は戦争やら天変地異やらのせいでとっくに絶滅。
 その他の動物や植物なんかもそれに巻き込まれて全滅。
 残されたのは私達みたいな”モノ”だけ。
 つまり、地球の運命は私達の背中に託されたってわけだ」

 ここは、とある家のキッチンにある食器棚。
 そこで同居しているワイングラスさんが、僕に向かって語りかけてきた。

「なあ、マグ。君は外に出たことあるか?」
「えっ? ど、どうなんだろ……。気がついたらここに居たって感じだから……」
 
 そう。
 僕は、自分がどこで生まれて、どういう経緯でここに来たのか何も知らない。
 自分がマグカップという名前だってことすら、物知りのワイングラスさんから教えて貰ったほど。

「ああ、そうか。外は良…

もくじ (3章)

  • 第1章 前編 第1章 前編

    第1章 前編

    2020年12月4日

  • 第2章 中編 第2章 中編

    第2章 中編

    2020年12月5日

  • 第3章 後編 第3章 後編

    第3章 後編

    2020年12月5日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

30分

コメント

6

リアクション

13

関連作品

このページの内容について報告する