完結

心の葛藤とロウソク

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2020年12月6日

心の葛藤とロウソク

第1章

私は今、山奥で道に迷っている。
しかし、恐怖心や焦りは、まるで無い。

それを望んで、一人山に入ったのだから。

日々の生活に疲れ、人間関係に疲れ、明日から始まる一週間に絶望を感じ、入ってはいけない、と言われている山に、早朝より足を踏み入れた。

このまま帰れなくなってもいい。
そう心に決めていた。

今頃は、昼だろうか。
時計を持って来ていない為、時間が分からない。

こんな時でもお腹は空く。
リュックに詰めて来た食料に手をつける。
食料を持って来てるあたり、私は生き伸びたいのだろうか。

更に山奥に進む。
鳥たちの不気味な鳴き声が聞こえる。
さっきまで全く無かった恐怖心が少し芽生えて来るのは、辺りが薄暗くなって来たからだろう…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年12月6日

作品情報

日々の生活に疲れ、入ってはいけない山へ足を踏み入れる。
1日を通しての心の様変わり。
果たして山から帰って来ることは出来るのか。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

3分

コメント

2

リアクション

11

関連作品

このページの内容について報告する