完結

サンビタリア

シナリオ・企画書

更新日:2020年12月14日

サンビタリア

第1章 monogatary花束 第3グループ サンビタリア


 最初に、私が人と違うんだと気づいたのは、幼稚園の時だった。

 私だけが、まっ暗な世界を生きてる。それを知った時の衝撃は、言葉では表しきれない。なにか壁みたいなものが、私と他の人を隔てているような気分だった。

 ロイは、そんな壁の内側にいる、数少ない存在だ。

 「ロイ、今日も暑かったね」

 左隣の温もりに、声をかける。

 天気予報の数字が落ち着くのは、もう少し先なんだろう。私もロイも暑さはニガテだ。だから、今日はずっと家の中でロイを撫でていた。

 「でも、そろそろ外に出ても大丈夫かな」

 窓から肌に触れる涼しい風。街に夕方がきたのかな。気温もだいぶ下がったはず。

 隣でロイが小さく唸る。

 「うん、行こっか」

 ハーネス…

もくじ (1章)

修正履歴
  • 第1章 monogatary花束 第3グループ サンビタリア 第1章 monogatary花束 第3グループ サンビタリア

    第1章 monogatary花束 第3グループ サンビタリア

    2020年12月14日

作品情報


この作品は、リレー小説企画「monogatary花束」第3グループ第2話です。

 【第3グループ】
①天野つばめ
②ま
③美織
④早河遼
⑤葉一朗
⑥雪野かぜ
         (敬称略)


 テーマ:サンビタリア 「私を見つめて」  

第1話 https://monogatary.com/story/108640
第3話 https://monogatary.com/story/111542
第4話 https://monogatary.com/story/108682
第5話 https://monogatary.com/episode/114125
最終話 https://monogatary.com/story/114365

物語へのリアクション

お気に入り

3

読書時間

3分

コメント

12

リアクション

29

関連作品

このページの内容について報告する