完結

今、箱庭から出られない君へ

詩・俳句・短歌など

更新日:2020年12月29日

今、箱庭から出られない君へ

第1章

今、君のやりたいことはなんだろう
今、君のやれないことはなんだろう
今、君を阻むものはなんだろう
今、体を縛りつけるのはなんだろう

君が暮らしたやわらかな世界
家族が作ってくれた箱庭の外枠はもうない
他者という名の驚異が押し迫り
君ごとつぶされないようにするので精一杯だ

君の力はどこにある
君の意志はどこにある
君の涙はどこにあって
君の希望はどこに眠っている

夢なんてものにすがらなくていい
ただ一歩、力強く踏み出せばいい
君がつけた足跡は雪に溶け
いつか暖かな春をもたらすだろう

今、君に見えるものはなんだろう
今、君の手に何があるだろう
今、君の目に何が映るだろう
今、君は何を見上げるだろう

そこに空が広がっているなら
箱庭…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年12月29日

作品情報

今、きみがやりたいことはなんだろう。
ぐずぐずと枠が壊れてしまった箱庭の、外に出て行く勇気はあるかい。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

1分

コメント

0

リアクション

2

関連作品

このページの内容について報告する