完結

バターナイフの夢

詩・俳句・短歌など

更新日:2021年1月3日

バターナイフの夢

第1章

キャンドルの上の細い炎はぼんやりと周囲を灯しながら揺らめいている。

炎はゆらゆらと揺れる度に、ほんの少し空気を巻き込んで揺らしていく。

揺れる空気が小さく歪んで、波紋を起こす。まるで固いバターを冷たく平たいナイフで削ろうとしたときのようだ。

暖かな優しい光の中で冷たいナイフを連想だなんて、なんだかおかしいと一人くすりと笑ってみた。

そんな退屈で優しい時間はキャンドルと共に溶けてゆく。

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年1月3日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

1分

コメント

0

リアクション

5

関連作品

このページの内容について報告する