完結

誰のため

その他

更新日:2021年1月3日

誰のため

第1章

「ありがとう」
僕はその言葉が好きだ。

はじめに気づいたのは子どもの頃だった。
母の喜ぶ事がなんでもしたかった。成績がよくて喜ぶなら勉強も頑張ったし、母がありがとうと言ってくれそうなことは、先回りして考えてできること全てやった。

それは他の人にも、適応されている。
彼女とLINEしていても、この返信はこの言葉なら喜ぶだろうし、この言葉を使ったら喧嘩になるだろうなんて考えながら、どうせなら最後に「ありがとう」と言って終わるように先の先を読んでいる。

忖度という言葉を最近耳にする事が多くなった。
多分僕がしているのは忖度なのだろう。忖度とは他人の心情を推し量ること、また、推し量って相手に配慮することである。と…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年1月3日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

3分

コメント

0

リアクション

6

関連作品

このページの内容について報告する