完結

故意する身体

その他

更新日:2021年1月22日

故意する身体

第1章 1

屋上に出て少し歩くとミッションスクールらしく大きい十字架が立っている。その十字架の横で足を放り投げて座って明日も無事に生活を終えて塗り固められた笑顔で家に帰ることができるだろうかと耽る。春か夏か分からない生ぬるい風に吹かれながら眺望する景色はどこか暖かく、澄んでいる。
4限終了の合図とともに教室を出て今日も屋上へと向かった。水銀のように綺麗に光るドアノブを捻る。曇り空で少し風が強く冷たい。
十字架の元に向かうと珍しく僕以外の人型がそこにはいた。イヤホンからは微かにクラシックが聴こえる。後ろ姿ではあるが、高校生らしいおかっぱで制服も完璧に着こなしている。しかし、ローファーだけは脱いでいた。

「いるの…

もくじ (5章)

  • 第1章 1 第1章 1

    第1章 1

    2021年1月16日

  • 第2章 2 第2章 2

    第2章 2

    2021年1月18日

  • 第3章 3 第3章 3

    第3章 3

    2021年1月18日

  • 第4章 3 第4章 3

    第4章 3

    2021年1月22日

  • 第5章 ● 第5章 ●

    第5章 ●

    2021年1月22日

作品情報

Le troisième jour

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

8分

コメント

0

リアクション

4

関連作品

このページの内容について報告する