No.112

SF・ファンタジー

更新日:2021年1月24日

No.112

第1章 埃っぽい朝のこと ーソダイゴミー

 長方形に切り取られた空。その向こうには、抜けるように澄んだ青い世界が広がっている。

「綺麗だ」

俺は掠れた声でつぶやいた。それにしてもここはどこだ。やけに埃っぽい、それに……朝か。灰色のビルが立ち並び、ネオンの消えた看板がそこかしこに掲げられている。剥き出しの、薄汚れた地面に俺は直に寝かされている。衣服を確認する。幸い、裸ではなかった。
 しかし、胸に触れた時に何かクシャッと音がした。白い紙に、黒マジックで書いて貼り付けらていた。

『粗大ゴミ』

 ……俺は大きなため息をついた。よく周りを見ると、ここはゴミ捨て場だった。なんつー悪質なイタズラだ、本当に死んでたらどうすんだ。イラつきとともに、頭の痛みが増して…

もくじ (3章)

修正履歴
  • 第1章 埃っぽい朝のこと ーソダイゴミー 第1章 埃っぽい朝のこと ーソダイゴミー

    第1章 埃っぽい朝のこと ーソダイゴミー

    2021年1月17日

  • 第2章 アンテン 第2章 アンテン

    第2章 アンテン

    2021年1月18日

  • 第3章 ハイヒンカイシュウ 第3章 ハイヒンカイシュウ

    第3章 ハイヒンカイシュウ

    2021年1月24日

作品情報

 時は2050年。橘ハヤトはゴミ置き場で目が覚めた。頭がガンガン痛くて、昨日の記憶も朧げなハヤトは動かない身体で思い出す。「あぁ、そうだ、昨日瑛美と別れたんだ。そしてー」
 そんなハヤトの前に謎の少女が現れ、そしてハヤトの世界は一変した。「なぜ、世界は、空は、こんなにも美しいのに」。少女は絶望に打ちひしがれるハヤトを、光の世界に引きづり出していく。#未来#SF#恋愛

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

9分

コメント

13

リアクション

50

関連作品

このページの内容について報告する