完結

手を伸ばせばきっと

青春・学園

更新日:2021年1月19日

手を伸ばせばきっと

第1章 あかり

こんな朝を迎えられることを
太陽に手が届くことを
あの頃の僕はまだ 知らない








今日もひとり。

公園の小さなベンチに腰を下ろす。
星空が綺麗な夜はすごく穏やかな気持ちになれる。ずっとこうして夜空を見ていたいな。

ねぇ、母さん。
母さんから僕が見えてるかな。





僕が小さい頃、ばあちゃんちの裏のこの公園へよく連れてきてくれた。
ジャングルジムにかけあがり、お日様に手が届きそうだって言って
空に手を伸ばしてたっけ。
大きくなったら届くかなぁ
なんて言ってさ。
母さんは、優しく
「そうね、きっと届くよ」
ってベンチで笑ってくれた。

たくさん絵本も読んでくれたし
たくさん歌も聴かせてくれた。
母さんの笑顔はまるで太陽だった。

僕が小学校を…

もくじ (1章)

修正履歴
  • 第1章 あかり 第1章 あかり

    第1章 あかり

    2021年1月19日

作品情報

お日様が苦手な主人公、少年の心に"あかり"がともってゆく姿を描く。母を亡くし、絶望しかなかった少年 と 女子力高く顔立ちも心もキレイな女子高生との出会い。それぞれが放った言葉にそれぞれが大きく変わってゆく。

"お日様"と"太陽" 表記が違うところにも着目してみてください。ご覧になる方の心が温かくなりますように。

物語へのリアクション

お気に入り

4

読書時間

11分

コメント

19

リアクション

229

関連作品

このページの内容について報告する