完結

酒と女。

恋愛

更新日:2021年1月25日

R-15

酒と女。

第1章 お前なんか。

なんでだろうな、二人でいた時よりも今の方がずっと楽しいや私があんたに貸した2万円も、あんたに買ってあげた1万8000円の服のことも全部、全部どうでも良くなったのさ。

もうあんたなんかじゃ全然酔えない。キスする度に瓶ビールは私を酔わしてくれる。
文句も言わないし、顔色なんてないけれどあんたよりも数百倍可愛い。

私はこいつが飲み干されてしまう前に、瓶になる前に愛でるわけよ。
中華街の十字路を酔いながら歩いてる。意味なんてない。ラリってようが、イカレてようが私は辞めるつもりなんて全くないさ。

お前なんか飲み干す前に捨ててやる。そっちの方が私の健康にも良い。

二度とお前なんか見たくねぇ。心に一生残らない傷をつけ…

もくじ (1章)

  • 第1章 お前なんか。 第1章 お前なんか。

    第1章 お前なんか。

    2021年1月25日

作品情報

思いつきで書いてみました。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

1分

コメント

0

リアクション

3

関連作品

このページの内容について報告する