完結

火垂るの墓 野坂昭如著 レビュー

歴史

更新日:2021年1月26日

火垂るの墓 野坂昭如著 レビュー

第1章 火垂るの墓二対スル私ノ考察

「昭和20年9月21日夜、僕は死んだ。」
ジブリアニメーション映画で1988年に公開されたこの映画は見た人に忘れられない衝撃を与えた。

知っている人も多いかもしれないがあらすじは、神戸大空襲に遭い、母を無くした兄清太と妹節子の14歳と4歳の兄妹が親戚のおばさんの家に引き取られるもおばさんからいびりを受け、2人は自分たちで生きていく…
というストーリーである。

この映画は海外でも放映され、外国人でも涙する映画であるとかないとか、


しかし、この小説はあくまで文芸なのだ。読んだ人を泣かせ、お涙頂戴の小説ではない。

この本は作中の兄妹が人との交わりを断ち、彼らが死にゆく話である。作者はこの本に出てくる兄妹を批判…

もくじ (1章)

  • 第1章 火垂るの墓二対スル私ノ考察 第1章 火垂るの墓二対スル私ノ考察

    第1章 火垂るの墓二対スル私ノ考察

    2021年1月26日

作品情報

今日は小説を書こうと思ったのですが、noteに書いてあったレビューを投稿しようと思います。
サボりじゃないの。休憩、

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

2分

コメント

0

リアクション

1

関連作品

このページの内容について報告する