完結

朝6時の観覧車

恋愛

更新日:2021年1月29日

朝6時の観覧車

第1章

私はとある理由でこの場所にいる。もう何十年も眠っている遊園地。草木が生い茂り、遊具は錆びつきまくり。その場所だけが異空間。時が止まってなんか切ない空気が流れている。
「はい、そこ!」
こいつは、大学で同じゼミの奴。こいつの課題のモデルをしている。私とこいつは、美大で写真を勉強している。お互いライバルとして認定しているので、プライベートではあんまり関わりはない。そんな私達が、今回共闘することに。

理由は“お互いの音楽性”

端的に言うと、お互いが好きなジャンルが一緒だったから。好きなアーティストやライブハウスやフェスまで大体一緒。その瞬間、このコラボが実現した。
二人で決めたテーマは“必ず夜は明ける”この…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年1月29日

作品情報

錆びついた観覧車の中で‥…

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

4分

コメント

0

リアクション

9

関連作品

このページの内容について報告する