完結

大火

歴史

更新日:2021年1月30日

大火

第1章

 私が、吉原に来たのは、まだ5歳の時だった。

 私の家は家計が苦しく、破産寸前で、借金をしないと家計が回らなかった。私が生まれてからはさらに悪くなる一方。そこで私の出番だった。
 私を吉原遊郭に売ることで、金が手に入る。借金を返せる。家計が回る。破産しなくて済む。
 私は金のために売られた。全ては欲望のために。まだ5歳だった私を異郷の地へと売り飛ばしたのだ。

「今日から、あんたは茜だ」
「私は、梅です」
「これからは茜として生きなさい」

 実父が去り、私は女将に旦那の前でそう言われる。生まれて5年。急に「梅」ではなく、「茜」として生きろと言われても困る。
 私は、私を捨てた両親が憎い。金のために、欲望のために、私を捨て…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年1月30日

作品情報

その日、初めて私は「茜」が好きになった。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

7分

コメント

6

リアクション

29

関連作品

このページの内容について報告する