完結

深夜3時の一室

恋愛

更新日:2021年1月31日

R-15

深夜3時の一室

第1章

どのくらい時間が経ったんだろう、仕事帰りにここに連れてこられて……
埃臭くて、部屋の見た目かなり古い。このベットの上で左手に手錠。完全に動けない感じではないけど、ほとんど動けない…‥
「ほい。」
私の前には、黒い目だし帽の男。この男が私にご飯を食べさせる。右手が使えるのでマスクを取ることもできる。だけど、最初にそれを試みようとして心配した。この男は、銃を持っている。それ以外にも爆弾も所持。私の荷物はこの男の手の中。スマホに至っては、ここに連れてこられるまでの間に道に捨てたらしい。

“逆らったら何されるか解らない”

極限の状況。私はこの男の要求に従うしかない状態である。

「いいね、その顔。良いよ、もっと睨…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年1月31日

作品情報

ここに連れてこられた理由とは……?

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

5分

コメント

2

リアクション

5

関連作品

このページの内容について報告する