完結

ミルクティー

恋愛

更新日:2021年2月7日

ミルクティー

第1章 甘くて淡い

もしかしたら私が

キスして欲しそうな顔をしてたのかもしれない。



✴︎



高校を卒業して、美容師になるために
専門学校へ行くことになった。
高校生活を過ごしたこの街とはしばらくお別れ。
また、きっと戻ってくるから。
そう言って街を出た。

慣れるまではなかなか大変だった。
自分の時間も作れなくて


けど、いつも思い出すのは
あの少年の事。
ちゃんと学校行ってるかな。
頑張ってるかな って。

私も頑張らなくっちゃ


✴︎


私はあの公園へと足をはしらせる
早く、早く伝えたい

月明かりがキレイな夜

「優!!」

「…あかりさん?」

やっぱり
やっぱり、いつものベンチに少年はいた。

「優、見て見てーー!
美容師免許証!!取れたよーー!!
もう、嬉しくって…

もくじ (1章)

修正履歴
  • 第1章 甘くて淡い 第1章 甘くて淡い

    第1章 甘くて淡い

    2021年2月7日

作品情報

【手を伸ばせばきっと】http://monogatary.com/story/122836?share=1026b48ace04a0136f81f1b8638db7fd  をお読みいただけたら、内容が深まります^ ^

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

5分

コメント

13

リアクション

88

関連作品

このページの内容について報告する