完結

誰がために日は昇る

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2021年2月8日

誰がために日は昇る

第1章 ある高校生の朝

月の初めあたりは少し新鮮な気分になるけれども、今年の4月だけはそうとも限らなかった。僕は支度を済ませるとリビングのソファに腰掛けてため息交じりに呟く。

「高校生か。」

高校入学式の朝。緊張のせいか予定した時刻よりも早めに起きてしまった僕は、ただただぼんやりとテレビニュースを眺める。気分とは裏腹にテレビの中ではアナウンサーやキャスターが元気に番組をお届けしている。「本当に朝の生放送のテンションか」と疑ってしまうと同時に、単純に「凄いな」と感心してしまう。

「あら、もう起きてたのね。おはよう。」
「うん…。」

キッチンから顔を出した母の問いかけに生返事で答える。どうやら母の方が随分前から起きていたようで、…

もくじ (6章)

  • 第1章 ある高校生の朝 第1章 ある高校生の朝

    第1章 ある高校生の朝

    2021年2月8日

  • 第2章 ある家族の朝 第2章 ある家族の朝

    第2章 ある家族の朝

    2021年2月8日

  • 第3章 ある喫茶店の朝 第3章 ある喫茶店の朝

    第3章 ある喫茶店の朝

    2021年2月8日

  • 第4章 ある恋人の朝 第4章 ある恋人の朝

    第4章 ある恋人の朝

    2021年2月8日

  • 第5章 ある会社の朝 第5章 ある会社の朝

    第5章 ある会社の朝

    2021年2月8日

  • 第6章 ある無名作家の朝 第6章 ある無名作家の朝

    第6章 ある無名作家の朝

    2021年2月8日

作品情報

「我々が回っているから朝はやってくるんだな」って思います。人との繋がりを大事にしようって思う。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

18分

コメント

0

リアクション

3

関連作品

このページの内容について報告する