完結

弔辞

エッセイ・ノンフィクション

更新日:2021年2月2日

R-15

弔辞

第1章

飼っていたカメレオンが死んだ。

長い舌を持つ彼女の名は、べろなが。
村上春樹の小説『騎士団長殺し』に登場する異世界への案内人「顔なが」をもじってそう名付けた。


先月べろながを動物病院に連れていった時、待合室では何匹もの犬が大人しく順番を待っていた。
受付の女性は診察の順番を呼ぶ際、飼い主の名前ではなくペットの名前を呼んだ。
「モカちゃん、二階へどうぞ~」
「チョコちゃんどうぞ~」
「マロンちゃんどうぞ~」
甘い匂いの洒落た名前が次々に呼ばれていき、ドッグカフェにいるような気分に浸っていたところで「べろながちゃん、どうぞ~」という声が待合室の世界観を一変させた。
でもその並びで呼ばれると、ヨーロッパ系の女性名の…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年2月2日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

2

読書時間

5分

コメント

24

リアクション

45

関連作品

このページの内容について報告する