完結

陽の昇る日に

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2021年2月4日

陽の昇る日に

第1章

----------ジリリリリリリ...

5時45分。

セットした目覚まし時計が鳴る。

このアラームで起きられないのはいつものこと。

二度寝をしてから6時ちょうどになるアラームでようやく重たい身体を動かす。

ベッドから降りてカーテンを開けると広がる空。

水色に黒がかかったような色。

なんだか儚くて切なくて。

今にも消えそうで。

どの色と混ぜ合わせても消えることのない黒が、今にも水色に飲み込まれそうで。

「日和(ひより)〜。早く降りてこないと遅刻するよ〜。」

あ、やべっ。

またやらかすところだった。

空に目を奪われてすぎる時間を忘れていた。

少し前もこの空に見惚れて学校のHRに遅刻したんだった。

こう考えていられるほど…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年2月4日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

3分

コメント

0

リアクション

3

関連作品

このページの内容について報告する