完結

アカネ色の朝焼け

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2021年2月5日

アカネ色の朝焼け

第1章

 朝。いつも通り、気分の乗らない朝。
 憂鬱で、それでもどこか美しい朝。

 僕は、誰にも「おはよう」と言うことなく、家の扉を開いた。
 朝日は眩しく、初夏の空は青い。何でもない、ただの日曜日。


 その日、僕は家出を決行した。


 適当に使えそうな物を詰め込んだリュックを背負い、やや早足で駅までの道を歩く。
 美しく輝く朝日と対照的に、僕の心には黒い靄がかかっていた。今にも大雨が降り出しそうな、重い雲のようだ。

 通行人から見る僕の顔は、酷いものだったかもしれない。しかし、このときの僕にそんなことを考えている余裕はなかった。


 電車に揺られること約十分。
 辿り着いたここは、毎朝利用する高校の最寄り駅だ。いつもは制服を纏う生徒たちで…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年2月5日

作品情報

どんなに気に入らないことが起きても、世界に必ず朝はやって来る。
それは、夕焼けのような茜色の朝焼け。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

14分

コメント

2

リアクション

8

関連作品

このページの内容について報告する