完結

忠孝と彰久 《椿餅》

グルメ・レシピ

更新日:2021年2月6日

忠孝と彰久 《椿餅》

第1章

ーー…大賓組、事務所。

 ヤクザも組ともなると企業と同じで、色々と業務が存在してくる。羽夜 忠孝はその頭脳から、『外回り』以外にも大賓組の経理も担当していた。
 そのため、事務所のビルのなかには、経理専用の部屋が設けられている。

「忠孝、いるかーぁ?」

 ノックもせず経理室に入って来たのは、同じ組の幹部で相棒の志賀 彰久。だが、それに答えたのは忠孝ではなく…。

「羽夜さんならいませんよ」

 視線をデスクの上のパソコン画面から外すことなく、抑揚無い声で返した事務員・浦河 千代だった。
 千代は、この事務所唯一の組構成員以外の人間。忠孝一人では手が回らないので、通常の会社と同じように雇用という形で大賓組に在籍している。なので…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年2月6日

作品情報

ヤクザを生業としている忠孝と彰久の日常。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

6分

コメント

0

リアクション

10

関連作品

このページの内容について報告する