完結

死んで花実が咲くのなら

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2021年2月6日

死んで花実が咲くのなら

第1章






 隣の席の伏美碧生(ふしみあおい)は誰が見ても特別だ。



「真崎巡(まさきめぐる)これを答えてくれ」

 シャーペンの先から芯がぽとりと落ちたと同時に先生に名指しをされた。出し切った芯を隠すようにノートの端に追いやり、私は席から「はい」と立ち上がる。教室にいる友人たちが私の顔を見て「めぐ、うける」と少しにやけている。私はそんな彼女らに最悪だよ、という顔を見せて教卓の近くまで歩いた。

 黒板にチョークを走らせる。前に立たされるのは嫌な時間だ。背中に視線が刺さる感じが変に緊張するし焦る。溜息が零れそうになったところで、手持ち無沙汰になったらしい先生が「お前らもちゃんと解けたのかぁ」と教室を歩き出した。

「あ、…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年2月6日

作品情報

世界一特別な彼に、私は嫌われている。

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

25分

コメント

2

リアクション

33

関連作品

このページの内容について報告する