完結

夢想症候群

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2021年2月7日

夢想症候群

第1章

「ねぇ、都子(みやこ)ちょっと付き合ってくれない?」
月末で経理の仕事が溜まっている忙しい時に同僚の優香が話かけてきた。
「何?また合コンのお誘い?ウチには愛するジギーがいるから行かないよ?」
「違うって!今東京駅に超人気の占い師が来てるんだよ。滅多に表に出てこないの!これはチャンスよ。今度こそいい人を占ってもらいましょ?」
断っても無駄なことはこの一年で嫌ってほどわかっていた。まぁ、占いに興味もあるし行ってみることにする。

「名前は氷室都子。職業は会社員。経理担当をしています。生年月日は1997年7月7日。今年24になります。えっ、これも聞くんですか? 恋愛経験はなくて、一人暮らしです。趣味……?読書…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年2月7日

作品情報

怪しい占い師から買った日記帳。これに見たい夢を書くとその夢を見られると言う。
私は半信半疑でそれを使った。
今日は宇宙を駆ける汽車に乗ろう。
猫に囲まれてのんびり過ごすのもいい
やりたいこと、体験したいことはたくさんあった。
だけどページには限りがある。まるで1日1日と使い果たしていく人生みたいに。

30ページしかない日記帳。大事に使ってはいたがもう後数ページ。最後の使い道は決めていたが友人がトラブルに遭い……。

やり直しは効かない。日々を大事に生きるしかないんだよ。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

11分

コメント

1

リアクション

4

関連作品

このページの内容について報告する