完結

目覚めのキス。

恋愛

更新日:2021年2月9日

目覚めのキス。

第1章


 誰もいない静まり返ったオフィス。
 わたしは課長の席に座って、デスクに頬を寄せた。

 就職の難しい現代において、わたしは望んでいた広告代理店に入社するできた。
 けれど、そこからのほうが大変で、器量の悪いわたしは同期の中でも全然仕事が出来ない。
 今日も時間内に仕事が終わらずに残業をさせてもらっている。
 課長は、仕事が出来ないわたしを目に掛けてくれて、ゆっくり成長を見守ってくれている。

 最初は尊敬だった。

 覚えられるように少しずつ仕事を与えられてくれて、めんどくさがらずに細かく丁寧に教えてくれる。
 それに他の社員とのコミュニケーションも見守ってくれていて、わたしは安心して仕事に取り組むことができた。
 課長に褒めら…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年2月9日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

3分

コメント

0

リアクション

5

関連作品

このページの内容について報告する