完結

後悔

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2021年2月11日

後悔

第1章

太陽の光も月明かりも当たらない外の景色は見えない。真っ白な部屋に私は閉じ込められている。もうここにきて3年。

部屋には家具家電おろか小さな紙くずすらない。1枚の絵が飾ってあるだけ。机もゴミ箱もベッドも必要ない。ここでは、勉強をすることも食事をすることも寝ることもない。だからゴミが出ることもない。

「シュウーンシュエーン」
周期で鳴く鳥の声は甲高い。この鳥が鳴いた時、ここでいう朝なのだろう。寝ることもないし、外からの景色はこの部屋からは見えないから、朝、夜という概念が存在するのかも分からない。

3年もいるのにこの部屋については分からないことばかり。最近知ったのは、壁に飾られている赤と黒だけで表現された…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年2月11日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

2分

コメント

2

リアクション

22

関連作品

このページの内容について報告する