どこにも居ない

詩・俳句・短歌など

更新日:2021年2月11日

どこにも居ない

第1章 とおい記憶と今

どこにもいなくて…

哀しくて…

苦しくて…

申し訳なくて…

ぼくがいることで…

きみのなにかを、とどめている現状に

腹が立ち…憤り…
どうにも出来ない現実に…
ただ打ちひしがれる…

初めから出逢ってはいけなかったのか…

これが…運命だったのか…

ぼくからさよならを告げなくては…

世界がこわいんだ…

もくじ (1章)

  • 第1章 とおい記憶と今 第1章 とおい記憶と今

    第1章 とおい記憶と今

    2021年2月11日

作品情報

どこにも居ない

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

1分

コメント

0

リアクション

1

関連作品

このページの内容について報告する