完結

きみは人魚のフルカ

青春・学園

更新日:2021年2月13日

きみは人魚のフルカ

第1章


 枕に顔を押し付けて叫ぶ彼女は、まるで陸に打ち上げられて息のできない人魚のようだった。
 春一番が吹き荒れる冬の終わり。『あたし』が彼女――古川を家まで引きずってきたのは、本当についさっきのことだった。海に近い家だから、一層風が唸っている。

「少しは落ち着いた?」
「……うん」

 あたしが聞くと、古川は枕に顔を埋めたまま、弱々しく頷いた。
 古川はぱっと見た限りは、どこにでもいる女子高生だ。あたしと同じ、学校が窮屈でイヤなのに、いい子ぶって黙ってるタイプの、良い意味で言えば利口な子。ほどほどに勉強やって、部活の水泳やって、日常をごまかしてるタイプの子だ。みんなからフルカって呼ばれているのを見たことがある。
 …

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年2月13日

作品情報

「おまじない」を聞いて、その心情を「外」から見たらどうなるか考えながら書きました。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

7分

コメント

0

リアクション

7

関連作品

このページの内容について報告する