初恋フレーバー

恋愛

更新日:2021年2月21日

初恋フレーバー

第1章 苺のお願い

時は夕暮れ。
「ほんと好きだなあ。」
そんな言葉と同時に頭を撫でる掌。
くちの中で転がすいちごみるく。

わがままを言って寄ったコンビニ、悩むフリをして選んだのは同じ味。
ねえ、あなたが思ってるより女の子なんだよ?もっと一緒に居たいだけ、なの。

『わたし、おおきくなったら、おにいちゃんのおよめさんになる!』

もくじ (3章)

  • 第1章 苺のお願い 第1章 苺のお願い

    第1章 苺のお願い

    2021年2月13日

  • 第2章 見詰める檸檬 第2章 見詰める檸檬

    第2章 見詰める檸檬

    2021年2月14日

  • 第3章 fingertips of cherry 第3章 fingertips of cherry

    第3章 fingertips of cherry

    2021年2月21日

作品情報

誰かの、いろんな味の初恋を。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

2分

コメント

1

リアクション

4

関連作品

このページの内容について報告する