そっと言葉をしまう場所

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2021年2月14日

そっと言葉をしまう場所

第1章 プロローグ

私を許せない私のことも、
少しだけ許せる私になれますか

誰にも言えないこと、言いたいけど伝えたくないこと、言葉でこころが折れそうになった時、余った言葉を小さな箱にしまってみる。

そうだね、そうだといいね、
大丈夫、きっと大丈夫
君は、静かに頷きながら、余った言葉を丁寧に受けいれてくれる。
君は、私だけの小さな電話ボックス。

嫌だと言えなかったこと、本当はそんなことを望んでいる訳ではなかったこと、
違う、違う、そんなんじゃないんだ
君に言葉をしまってみると、
心が少しだけ軽くなる。
君は、私だけの大切な電話ボックス。

夜明けの月は綺麗に見えるだろうか?
朝の光りは世界を柔らかく照らすのだろうか?
私は?私は?私は?私は…

もくじ (1章)

  • 第1章 プロローグ 第1章 プロローグ

    第1章 プロローグ

    2021年2月14日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

1分

コメント

1

リアクション

3

関連作品

このページの内容について報告する