完結

私の挨拶の理由

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2021年2月14日

私の挨拶の理由

第1章

 私はよく挨拶をする。
 よくと言っても人より少し多いだけだと思うが。

 「おはようございます。」すれ違う近所のおばさんに挨拶。
 「おはよう。」角の花壇に咲いているマリーゴールドに挨拶。
 「おはよう。」首を振りながら歩いているハトに挨拶。

 普通の人は人に挨拶をするものだと思う。でも私は人だけでなく、動物、モノにまで挨拶をする。どうしてもしたくなる。出会ってまだ日の浅い人は私のことをただの変な人と認識する。でもある程度知り合ってからの期間がある人は、私がこういう人なんだと理解してくれる。

 「おはよう。」しゃがんで路地裏から顔を出した三毛猫に挨拶。
 「あ、おはよう。」その隣で背伸びしている綿毛のたんぽぽにも挨拶。 …

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年2月14日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

2分

コメント

2

リアクション

2

関連作品

このページの内容について報告する