完結

そっと、背中をさすって

ミステリー

更新日:2021年2月14日

そっと、背中をさすって

第1章 第一章 輝ける闇の中で

 紺碧の空。まさにそんな表現が似合う青空が眼前に広がっている。太陽光が照りつけ、見えない紫外線という光が皮膚を串差しにする。そんな日光をもろともせず、プールデッキでは多くの男女が賑やかに水遊びを楽しんでいる。
 父から大学の卒業旅行に、とプレゼントされた豪華客船の旅。横浜を出港して、長崎を経由した後に韓国の済州島に向かう旅だ。父は私に何かをプレゼントする時は、そっと背中をさすってくる癖があった。それが何かのおまじないのように。

「ねぇ今、凄く格好いい人がいたよ! ちょっと目の保養に眺めてくる!」
 明美は私にそう告げると返事を待つこともなく、走り去って行く。やれやれ。この船の動力源はエゴなのか。そんなこと…

もくじ (4章)

  • 第1章 第一章 輝ける闇の中で 第1章 第一章 輝ける闇の中で

    第1章 第一章 輝ける闇の中で

    2021年2月14日

  • 第2章 第二章 アールグレイティ 第2章 第二章 アールグレイティ

    第2章 第二章 アールグレイティ

    2021年2月14日

  • 第3章 第三章 繋がる世界 第3章 第三章 繋がる世界

    第3章 第三章 繋がる世界

    2021年2月14日

  • 第4章 最終章 おまじない 第4章 最終章 おまじない

    第4章 最終章 おまじない

    2021年2月14日

作品情報

 父からプレゼントされた豪華客船の旅。そこで思いがけない真実が見えてくる。幸せとは何なのか。

物語へのリアクション

お気に入り

2

読書時間

17分

コメント

14

リアクション

127

関連作品

このページの内容について報告する