完結

失った光

恋愛

更新日:2021年2月14日

失った光

第1章


「手、繋ご...?」

頬を紅潮させながら君が言った。

僕は差し出された小さくて可愛い手を握る。

その手は驚くほど冷たい。

だけど今日、僕はこの手を離す。

「私さ、遥斗君のこと好きになれてよかったよ。」

「えっ...?」

「遥斗くんは今日私のことを振るんだよね?」

なんでそれを...。

もしかしてもう勘付かれてたのかな...。

「今なんでそれを知ってるんだって顔してるよ。
 今からちょっと変なこと言うね。
 信じてくれなくてもいいけど今から話すことは事実だから。
 私ね、明日が見えるの。
 昨日見たんだ、私が遥斗くんに振られる夢を。
 ただの偶然かもしれないって思ったけど今まで見た夢は全て翌日に起きた。
 だから今日私が遥斗くんに振…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年2月14日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

2分

コメント

0

リアクション

6

関連作品

このページの内容について報告する