完結

二分五十一秒

恋愛

更新日:2021年2月15日

二分五十一秒

第1章

 猫カフェの中に一匹、チワワが在籍するように、
閑静な住宅街の中に存在するそのコインパーキングは、
横並びの六台中、すでに四台が停められていて、私は空いている右端に車を停めた。
運転席のすぐ隣に見える民家には、閉めた窓からでも匂いそうなくらい
たくさんの種類の花が育てられていて、蝶々がひらひらと飛んでいた。
正午過ぎの空は、降りそうで降らない曇り空だけれど、
閉めた窓からでも蝉の鳴き声は聞こえてきた。
私はエンジンをかけたまま、シートベルトを外し、ゆっくり目を閉じた。
あの日もうるさいくらい蝉が全力で鳴いていた。

「文香、俺と結婚してほしい」
あの日、私は突然、三歳年上の恋人、秀介からプロポーズをされた。
築五十…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年2月15日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

6分

コメント

0

リアクション

3

関連作品

このページの内容について報告する