完結

ボケナスキング

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2021年2月17日

ボケナスキング

第1章

 まさか、こんなに足が震えるなんて・・・。
 俺、神崎竜一は、幕前の待機場所にいた。だだっ広い空間。遠くから声援が聞こえる。自分たちのいる場所は、少し照明が暗い。人の顔がやっと見えるぐらいだ。
 足の震えを止めるべく、軽く太ももをつねった。さっきから、呼吸が荒い。口の中が乾ききっている。口内の皮膚と皮膚が張り付いている。のどがやけに乾いていた。
 ここは、漫才大会の決勝の場。賞金一千万をかけて、生放送で優勝者を決める。今、前の組が必死で漫才をしている。次は、俺たちの番だ。
 隣では、相方の原中修二がいつもどおりぼーとして立っている。余裕があるというか、動じないというか。
 少し小太りで、二十五歳には見えない。おか…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年2月17日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

8分

コメント

18

リアクション

23

関連作品

このページの内容について報告する