完結

終わる、あたしの世界

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2021年2月17日

R-15

終わる、あたしの世界

第1章




 路地を入った奥にある場末のラブホテルに足を踏み入れると、染みついたタバコとすえたにおいが鼻をついた。思わず口から「うっ」という声が漏れ、あたしは息を止める。眉間にシワを寄せて。
「こんなところでよかったの?」
 先に部屋に入っていた彼が振り向き、呟く。あたしはコクリと頷いたあと「うん」と言った。

 いや、本当の答えは「ノー」だった。
 せっかくの彼とのデート。夜景の綺麗な高級ホテル……とまではいかなくとも、もうすこし適したところがあるはずだ。少なくとも、日焼けした赤い字で「フリータイム2800円」と書かれている場所よりは。
 でもあたしは彼と会えれば、それだけで満足だった。

「言ったじゃない、『会えればいい』っ…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年2月17日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

5分

コメント

22

リアクション

60

関連作品

このページの内容について報告する