そんなもの蹴飛ばして

詩・俳句・短歌など

更新日:2021年2月17日

そんなもの蹴飛ばして

第1章 魂の燃ゆるままに


頭の悪い陰謀論者が語った ──────

「この世界は、1部の人間に支配されている」
             ────── と

度重なる地震も、我々への挑戦状だと

ならば受けて立とうでは無いか ────

終末など蹴飛ばして、
     地震など乗り越えて

人々の心の空虚など

   照らしてしまえばいい ─────

ミミズくんを救えばいい ───────

    終末を救いにいこう

もくじ (1章)

  • 第1章 魂の燃ゆるままに 第1章 魂の燃ゆるままに

    第1章 魂の燃ゆるままに

    2021年2月17日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

1分

コメント

1

リアクション

2

関連作品

このページの内容について報告する