完結

ハルカカナタ

青春・学園

更新日:2021年2月18日

ハルカカナタ

第1章

 最後の通学路。明日から制服で街を歩いたら、ただのコスプレになると思うと、ちょっと寂しかった。

 それがなんだ。いつまでも若々しい気持ちでいようとすることの何がいけないの?

 冷たい空気を頬に感じながら呟いたら、きみは「その台詞の時点で、若くねえぞ?」って笑っていた。


「うるさい。あたしは今日で女子高校生というブランドを失うんだよ。気持ちだけでも若くいたいよ」
「高校生が大学生に変わるだけで、それほど価値が下がるとは思わないけど」
「ふーん。そうやって女の若さを価値として変換するんだ。えっち」
「この場合おまえだろう、戦争を仕掛けてきたのは」
「はっは」


 話している調子は、いつもとまったく同じ。
 なんのことはな…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2021年2月18日

作品情報

ちなみに西野の卒業式はもっとさばさばとしていました。
……言わなくてもいいよね、これ(神田伯山)

執筆時BGM : ハルカ / YOASOBI

物語へのリアクション

お気に入り

4

読書時間

8分

コメント

18

リアクション

37

関連作品

このページの内容について報告する